*

音声の無音部分削除

公開日: : Mac, シェル

Sox logo

音声の自動分割:AudioSlicer

音声ファイルを無音部分で一括自動分割してくれます。
http://audioslicer.softonic.jp/mac

ただ個別の調整ができないので、不要な部分や分割位置が気に入らない場合は、
別途調整する必要があります。

良い点

  • 分割位置を一括で調整できる(Relative Splitpoint in Silence)
  • 出力ファイル名に連番をつけれる
  • 簡単につなぎ目を確認できる

    困った点

  • 分割されたパートの個別削除ができない
  • 分割位置の個別調整ができない
  • Trace番号(連番)がずれた場合に手動で修正する必要がある

    音声波形の編集:Audacity

    音声ファイルを背景をみながら細かく編集できます。
    http://audacity.sourceforge.net/

    エフェクトや複数トラックの合成もできます。

    シェルで自動編集:SoX(Sound eXchange)

    http://sox.sourceforge.net/

    フォーマット変換を始め、サンプリング周波数の変換、ゲイン調整、反転、カット、エフェクトなどがコマンドラインで実行できます。

    mp3を使う場合はlameもインストールします。

    
    $brew install lame
    $brew install sox
    

    コマンドは変換する場合はsox、再生する場合はplayを使います。たくさんのコマンドオプションがあります。

    マニュアル日本語訳

    実際に使った一部を紹介します。

    最大振幅を指定して音量を正規化する場合はnormやgainを使います。

    
    sox input.mp3 output.mp3 --norm=-0.3
    

    開始位置からの無音部分をカットするにはvadを使います。

    
    sox input.mp3 output.mp3 vad -t 0.1 -p 0.3
    

    終了位置からの無音部分のカットはreverseとvadを組み合わせます。

    
    sox input.mp3 output.mp3 reverse vad -t 0.01 -p 0.5 reverse
    

    サンプリング周波数の変換はrateを使います。

    
    sox input.mp3 output.mp3 rate -s -a 22050 dither -s`;
    

    これらを組み合わせると

    
    sox input.mp3 output.mp3 --norm=-0.3 vad -t 0.01 -p 0.3 reverse vad -t 0.01 -p 0.5 reverse rate -s -a 22050 dither -s
    
  • Sponsored Link

    関連記事

    icon256.png

    邪魔にならない付箋アプリ

    Macのデスクトップで邪魔にならない便利な付箋を見つけました。 付箋のタブをデスクトップの上下

    記事を読む

    blog.png

    【Mac】CornerStoneが起動しなくなったとき

    the last time you opened Cornerstone it unexpe

    記事を読む

    Sponsored Link

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Sponsored Link

    • 発音辞書イーモン
    • English Monsters
    • sLog(時間管理アプリ)
    • 生粋のC++プログラマーです。 最近は、Objective-Cやxcode、cocos2d-xなどを学びながらiPhoneアプリを開発しています。

    Google+ Google
    PAGE TOP ↑